01.gif


目次
1・痔の悩みとは?

2・痔を治す秘訣とは?

3・10日間で痔が治った奇跡のデトックス療法とは?

4・本当に手術しなくても痔が治るのでしょうか?

5・費用はどれぐらいかかるのでしょうか?

6・1日どれぐらい実践すればいいのでしょうか?

7・デメリットは何でしょうか?

8・他の痔を治す方法と比べると・・・

9・痔の怖い話とは?

10・ヒロシからあなたへのメッセージとは?



0-2.gif



痔の怖い話とは?

今日は前回の予告どおり、
に関する恐ろしいお話です。がく〜(落胆した顔)


私もそうでしたが、どうも世間の皆さんは
について甘い考えを持っているみたいですね。


痔は市販薬で治るのか?

痔の市販薬でも症状を軽減させる効果は期待できます。

しかし、市販薬に限らず薬だけで、
痔を完治させることは期待できません。

痔は、薬だけでは治らない病気です。

市販薬は、あくまでも一時的に症状を抑えるためだけに用います。

痔の薬の効能には、痔による痛みや出血、はれを抑えることや、薬が肛門の粘膜と上皮の表面をおおって、便をなめらかに通過させるようにすることがあります。

それによって、便の刺激が軽減されるんです。

病院でもらった薬と市販薬との最大の違いは、病院の薬が、医師が診察して患者さんの病状にいちばん効果のある成分が入った薬を処方しているのに対し、市販薬はだれが使ってもいいように成分の配合を調節しているので、症状によっては薬の効果があらわれにくくなるということです。


痔の手術をするリスクとは?

「痔になったら手術しなければ治らない」と
思っている方もいるかもしれません。

でも、手術が必要な痔は限られていますので、痔になったからといって必ずしも手術を受けなければならない訳ではありません。

しかし、手術が必要な場合もあるでしょう。

最近の痔の手術は、できるだけ最小範囲におさえて
体への負担をおさえています。

しかし、後遺症が起こる可能性はゼロではありません。

痔の手術の後遺症には以下のようなことが考えられます。

・排便時に痛みを伴う

どんなに慎重に手術を行っても、
肛門に小さな傷は残ってしまいます。

排便時にその傷口に便がこすれて痛みを感じることがあります。

・術後、ガスや便が漏れることがある

ごくまれにですが、手術の後、
ガスや便がもれやすくなることがあります。

・痔が再発することもある

手術が終わったからといって、肛門に負担のかかる生活や食事を続けたり、便秘や下痢を繰り返したりしていると、再び痔が起こることがあります。

また、痔の手術をして治っても排便管理に失敗すれば
簡単に再発してしまうそうです。


痔の手術には様々な種類がありますが、
基本的に「社会保険(健康保険・厚生年金保険)が適用されます。


ですが、病院によっては、
保険適応外のところもあるので注意が必要です。


なかでも大腸肛門科の病院は保険の利かないところが多いそうです。


痔と大腸癌の関係とは?

痔を放置しておくことによって癌が発生するという症例は、
それほど多くはありません。

あな痔(痔瘻)を放置すると
肛門癌に発展することがときどきある程度です。

しかし、出血などの症状を痔と侮っていると、
思わぬ大病の前兆であったという場合があります。

肛門から出血があった場合、それは痔ではなくて
大腸癌や直腸癌である可能性があるそうです。


痔を甘く見ると・・・

日本人は症状が悪くならないと病院へ行かないのとは対照的に、
外国人は痔に対してすぐ受診する傾向にあります。

そのため比較的、痔の症状が軽い人が多いのです。

痔に限らず、あらゆる病気は
早期の治療が症状を悪化させない基本となります。

痔の受診が遅れる理由としては、「恥ずかしい」とか、「医者に行くのが面倒臭い」、「痔の手術は何週間も入院しないといけない」、「手術は死ぬほど痛いと聞いている」などですが、大半は恥ずかしいという理由のようです。

痔の症状が表れたなら、恥ずかしいとか面倒とか思わずに、
早期に治療することが大切です。

そうすれば、簡単な治療で完治することも可能です。

先延ばしすれば症状は悪くなる一方ですから、
最悪の場合は手術せざるを得なくなるかも知れません。


以上、にまつわるちょっと怖い話をしてきましたが、
あなたはこのままで大丈夫ですか?


私でお役に立てることがあればお手伝いさせて頂きますよ。


お気軽にご質問ください。


ご質問はコチラからどうぞ!


安全にリスク無く痔を治したいと考えているなら
コチラ
を購入した方が手っ取り早いと思います。


価格以上の価値はありますので。


次回は、ヒロシからあなたへメッセージが御座います。


同じ悩みを持つ仲間として宜しければ御覧下さい。


続きを読む>>>

タグ:痔の治療
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。